【期間限定公開中】
19歳の当ブログ管理人がブログに記事を投稿するだけで月収80万円以上安定して稼いでいる方法を大暴露
証拠画像・動画あり

「元自衛隊員」という経歴を持つ異色のYouTuber・ラファエルさん

鍛え上げられたムキムキの筋肉は、まさに「肉体美」と呼ぶにふさわしいボディです。


そんなラファエルさんのトレードマークといえば帽子仮面!

あの2つのアイテムの値段はおいくらなのか?

そしてどこで買えるのか?

さらに何のブランドなのか?

など、何気に詳細が気になりますよね(笑)


そこで今回は、ラファエルさんの帽子ブランド値段、そして仮面はドンキで購入可能なのかどうかなど、気になる点を調べてみました!


スポンサーリンク


ラファエルの帽子のブランドはどこ?

ラファエルさんが愛用している、迷彩柄の帽子のブランドはどこなのか?

調べた結果、「Tha Alumni Clothing (アルムナイクロージング)」というブランドであることが判明しました!


Tha Alumni Clothingは、2010年に設立されたアパレルブランド。

DJ Ill WillさんがCEOを務め、さらにメンバーにはラッパーのKID INKさんもいるそうです。


ご本人たちはもちろんのこと、他のアーティストも、Tha Alumni Clothingのアイテムを愛用されているとか。

とても人気のあるブランドですが、残念ながら日本での取り扱いは少ないそうです。

アメリカのほうでも、一部の店舗だけで展開されているみたいですしね。


なんというか「ワンランク上のブランド」といった印象を受けます。

そんなブランドの帽子を愛用されているところに、ラファエルさんのさりげないこだわりが感じられますね。

ラファエルの帽子の値段は?

ラファエルさんの帽子は、基本的に日本では入手困難とされているブランドです。

しかし、そんな時に活躍するのが(笑)

インターネット!!


ネットを利用すれば、ラファエルさん愛用ブランド・Tha Alumni Clothingの帽子を手に入れることができます。

いやはや、本当にインターネットというのは便利なものですよね(笑)


そこで気になるのが、ラファエルさんの帽子の値段です。

Tha Alumni Clothingの帽子もいろいろ種類がありますが、ラファエルさんが愛用しているのは、迷彩柄のタイプですよね。


ラファエルさん愛用の迷彩柄帽子の値段をチェックしてみたところ、どうやら約7000円で買えることが判明!

帽子でこの値段はちょっと高いかな?

おお、意外と安い

など、人によって印象は分かれるかもしれませんが(笑)

気になる方はぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク


ラファエルの仮面はドンキで購入可能?

ラファエルさんといえば、やはりなんといっても「仮面」でしょう。

例えば帽子は、誰もが日常的に活用するアイテムです。

が、あの仮面をよくかぶっているという方は、実際のところそうそういないのではないでしょうか?


毎日のように舞踏会が開かれているとか、常に使用する機会があれば別ですけどね…(笑)

そんな非現実的感漂う「仮面」というアイテムを用いることで、ラファエルさんの持つ雰囲気がより一層独特なものになっていると言えます。


しかし、ラファエルさんの仮面は、意外と簡単に手に入る模様です!

購入可能な場所としてよく挙げられているのが「ドンキ」ですね。


ラファエルさんが使っている仮面と全く一緒かどうかはわかりませんが、ソックリなものが売られているとか。

そのため、ラファエルさんの仮面はドンキで購入可能と言えます!


ただ、どうやらラファエルさん曰く、仮面は「Amazon」で購入しているとのこと。

となると、「全く同じものが欲しい」という方は、Amazonのほうが良いかもしれませんね。

もしAmazonで売り切れの場合はドンキに走る…というのも手でしょう(笑)

まとめ

今回はラファエルさん愛用のアイテムについて調査してみました!

帽子のブランド・値段、さらに仮面はドンキのみならずAmazonでも購入可能など、様々な情報が発覚しましたね(笑)


「ラファエルさんと同じアイテムが欲しい」という方は、ぜひネットやリアル店舗でチェックしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク


はじめまして、当ブログ管理人のたなかっちと申します。

僕は19歳ですが、現在毎月80万円以上の収入を複数のブログで稼ぎながら自由に生活しています。

もしYouTuberのように会社や派遣、アルバイトとして雇われずに人生を楽しく生きていきたいという方は、ぜひこちらのページをご覧ください。

「打倒YouTuberの収入」がしたい方はこちら

僕がなぜ、毎日休日のような日々を送りながら生活できているのか、その理由も詳しくお伝えしています。