実験・都市伝説・ドッキリなどなど…

様々なオモシロ企画でお馴染みの2人組YouTuber・水溜りボンド


ちなみに水溜りボンドは、メインとサブ、2つのチャンネルを開設されています。

そしてメインチャンネルの編集&企画を担当しているのがカンタさんです!


今回は、そんな水溜りボンドのカンタさんについてリサーチ。

カンタさんの本名は?身長は?そして年齢誕生日は?


余すことなく調べてみました!(笑)


スポンサーリンク


水溜りボンドのカンタの本名は?

水溜りボンドのカンタさんの本名は「佐藤寛太(かんた)」です。

ただ、もっと正確な本名は「佐藤・マイケル・寛太」になります。


そうなんです。

実はカンタさん、本名にマイケルというミドルネームが使われているんです!


「ということはカンタさんってハーフ?」と思うかもしれませんが、カンタさんのご両親は揃って日本人です。


即ちカンタさんはハーフではありません!

ハーフではないのに本名にミドルネームが付いている…


これは確かにちょっと不思議ですが、理由を知ると「なるほど」と思えます。

実はカンタさんのお父様は、お仕事の都合であらゆる国を転々とされていたそうなんです。


そのためカンタさんが生まれた時も日本ではなく、マレーシアに居たんだとか。


そこで「外国の風習に従おう」と考えたご両親は、カンタさんにマイケルというミドルネームを付けたのです!


ちなみにカンタさんは幼い頃、マレーシアのみならずアメリカで生活したこともあるとか。

そのためもちろん英語もペラペラです!


流暢な英語を喋っているカンタさんを見ると、思わず「カンタさん」ではなく「マイケルさん」と呼びたくなりますね(笑)

水溜りボンドのカンタの身長は?

相方のトミーさんに比べてスラリとした印象のカンタさんですが、身長は何cmなのでしょうか?

そこで調べてみたところ、「173cm・55kg」という情報が出てきました!


トミーさんは172cmなので、1cm高めということになりますね。

…しかし、調べを進めていくうちに、重大な事実が発覚しました(笑)


なんと水溜りボンドのカンタさん、身長を詐称していたそうなのです!

なんでも実際の身長は168cmなんだとか。


相方のトミーさんより1cm高いどころか4cm低いという、まさかの事実が判明です!

なにしろ以前は公式サイトにも「身長173cm」と表記されていたそうですからね。


やはり公式サイトの情報は最も信憑性が高いと言えますから、水溜りボンドにあまり詳しくない方が見たら完全に信じちゃいますよ(笑)


現在は「168cm」と正しい表記になっていますが、その横に「B=100cm W=100cm H=100cm」というとんでもない情報が!


なんとカンタさん、スリーサイズオール100という、どう考えてもあり得ないボケをかましています(笑)


いくら公式サイトは信憑性が高いとはいえ…

これはさすがに信じる人ゼロでしょうね(笑)


ちなみにドラえもんのスリーサイズはオール129

カンタさんの偽スリーサイズとものすごく近いものを感じます!

スポンサーリンク


水溜りボンドのカンタの年齢や誕生日は?

水溜りボンドのカンタさんの年齢について調べたところ、現在24歳であることがわかりました。

そして誕生日は1994年4月4日だそうです。


ちなみに皆さんご存知でしょうか?

4月4日は、4(し)と4(し)を合わせて「幸せの日」なんですよ。


4が並んでいるため、どうしても「不吉」と思われやすいですが、実際は不吉どころかとても縁起の良い日なんです。

そのため4月4日に結婚するカップルも多いとか?


即ち水溜りボンドのカンタさんが生まれた日は、一般的にとてもハッピーとされているおめでたい日なんです!

多くのファンを楽しませてハッピーにしている、そんなカンタさんにぴったりなお誕生日と言えそうですね。


また考えてみれば、幸せの象徴とされている四つ葉のクローバーも4枚の葉っぱで出来ています。

不吉な数字と捉えられがちな4ですが、実はなかなか良い数字なのかもしれません!?(笑)

まとめ

本名にミドルネーム付き、実際の身長は173cmではなく168cm、さらに誕生日が4月4日(幸せの日)…

いろいろ調べていくうちに、次々と驚きの情報が明らかになった水溜りボンドのカンタさん。


実は他にも、まだまだ面白い情報がたくさん隠されている…そんな気がしてなりません(笑)

これからも水溜りボンドのカンタさんから目が離せないですね!

スポンサーリンク


はじめまして、当ブログ管理人のたなかっちと申します。

僕は19歳ですが、現在毎月80万円以上の収入を複数のブログで稼ぎながら自由に生活しています。

もしYouTuberのように会社や派遣、アルバイトとして雇われずに人生を楽しく生きていきたいという方は、ぜひこちらのページをご覧ください。

「打倒YouTuberの収入」がしたい方はこちら

僕がなぜ、毎日休日のような日々を送りながら生活できているのか、その理由も詳しくお伝えしています。