【期間限定公開中】
19歳の当ブログ管理人がブログに記事を投稿するだけで月収80万円以上安定して稼いでいる方法を大暴露
証拠画像・動画あり

UUUM所属の2人組ユーチューバー、水溜りボンド

現在ユーチューブ登録者数は257万人を超え、動画の総再生回数も1億回を超えているという、大人気ユーチューバーの水溜りボンド。


ユーチューブにアップされる動画の内容は実験系や検証系、都市伝説やドッキリ企画など、さまざまな幅広いジャンルでリスナーの皆さんにウケています。

コラボの動画もアップしていて、最近では同じ事務所の東海オンエアや、パオパオチャンネルなどとコラボして、高い評価を得ています。

今回はトミーさんの気になる出身高校と大学、そして父親が官僚なのではないかという疑惑について見ていきたいと思います。


スポンサーリンク


水溜りボンドのメンバーについて

水溜りボンドとして活動しているのは、主にメンバーのカンタさんトミーさんです。(たまに他のメンバーも出ています)

今回はカンタさんではなく、トミーさんについて詳しく掘り下げていきますね。

スポンサーリンク


水溜りボンド|トミーの出身高校ってどこ?

水溜りボンドのトミーさんは1993年生まれ現在24歳

ユーチューブに初投稿し始めたのは、現役大学生のときでした。


さて、タイトルにもあるトミーさんの出身高校の話になりますが、私なりに調べた結果…、

トミーさんの出身高校がどこか、というのは分かりませんでした…。


ですがトミーさんが千葉県出身というのもあり、千葉県の高校に通っていた可能性が高いと思われます。

ただ、動画内でも当時のプリクラを紹介していますが、かなりのヤンキーだったご様子。


しかも驚くべきことにトミーさんは、高校3年間全く勉強をしていなかったそうです。
トミーさん本人も勉強ができなかったことを認めていて、高校3年生のときに同級生に筆箱を買ってもらったというエピソードをツイッターに書いていました。

すごい衝撃的なエピソードですよね(笑)


そんなトミーさんですが、大学は1浪して大学合格を果たしています。

同じメンバーのカンタさんとは同じ大学のお笑いサークルで知り合い、それをきっかけにしてユーチューブ投稿を2人で始めたそうです。

スポンサーリンク


水溜りボンド|トミーの出身大学はどこ?

トミーさんのの気になる出身大学ですが、実は水溜りボンドの2人ともなんとあの青山大学院大学出身だということが分かりました!


詳しく調べてみると、トミーさんは『青山大学院大学|経営学部経営学科』に在籍していたようなんです。

単位が足りず、1度留年してしまったそうですが、今現在はちゃんと卒業できているそうです。


ユーチューバーでありつつ、大学生でもあって、きっと多忙な毎日を過ごしていたんでしょうね!

それにしても、高校時代全く勉強していなかったのに、たった1年浪人しただけで、青山大学院大学に合格したトミーさん。

きっと元々頭が良かったんでしょうね(^^

スポンサーリンク


水溜りボンド|トミーの父親が官僚って本当!?

そしてもう1つ気になるのが、トミーさんの親の職業。

信じられないことに、トミーさんの父親が官僚なんじゃないかとネットでは噂になっています!


実際、事実確認はできていませんが、父親が官僚、それが本当だとしたらすごいことですよね!

でも私がトミーさんの父親だとして、官僚という職業就いていたら、ユーチューバーという不安定な職業に就かせず、安定した道に進めと言いたくなると思いますが…。


トミーさんの父親が官僚…、気になる真相は闇の中です…。

スポンサーリンク


まとめ

今回は大人気ユーチューバーの水溜りボンドのトミーさんについて気になったところ、トミーさんの出身高校、大学、父親が官僚なんじゃないのか、という疑惑についてお話させていただきました。

気になる真相は分からない部分もありましたが、調べていて、お2人とも頭がいいのだけは分かりました(笑)


お二人ともお忙しい毎日を過ごされていると思いますが、体に気をつけてこれからも動画投稿、頑張ってほしいと思います(^^

これからのお2人のますますのご活躍ぶりを期待して、毎日投稿される動画をワクワクしながら、楽しみに待っています!

スポンサーリンク


はじめまして、当ブログ管理人のたなかっちと申します。

僕は19歳ですが、現在毎月80万円以上の収入を複数のブログで稼ぎながら自由に生活しています。

もしYouTuberのように会社や派遣、アルバイトとして雇われずに人生を楽しく生きていきたいという方は、ぜひこちらのページをご覧ください。

「打倒YouTuberの収入」がしたい方はこちら

僕がなぜ、毎日休日のような日々を送りながら生活できているのか、その理由も詳しくお伝えしています。