【期間限定公開中】
19歳の当ブログ管理人がブログに記事を投稿するだけで月収80万円以上安定して稼いでいる方法を大暴露
証拠画像・動画あり

こんにちは、シロ組の一人な私です(*゚ ∇ ゚ )

さーて今回の記事ですが。

シロちゃんがサイコパスなのか
シロちゃんのモデルやイラストレーターが誰なのか

などを書いてまとめていきたいと思います。


シロちゃんがなぜサイコパスと呼ばれているのか、その理由について、それとついでにモデルとイラストレーターについても書いていきましょう。

いくぜいくぜぇー!


スポンサーリンク


電脳少女シロはサイコパス?

シロちゃんがなぜサイコパスなどと言われるのか、それは動画内での彼女の言動と行動が主な原因ですね

通常はゆるふわな高い声に、「いくぜいくぜー!」「こいつぁひでぇや!」「おっけまーる♪」「おほーっ!」などの天然な口調を挟みながら楽し気にしゃべっています。


さらに特徴的なのはやはり、甲高い笑い声がまるでイルカの鳴き声のように聞こえることから、シロイルカと呼ばれことが多いようです。

しかしそんなシロちゃんは、大好きなゲームに熱中するととんでもないギャップの変化が起こるのです。

【動画①】



【動画②】



【動画③】



【動画④】

軽く参考用の動画を上げましたが、はっきり言ってほぼ全部の動画で、‟サイコパス‟的発言をしてるんですよね…。


特に知られている迷言を上げますと。

初めて人を殺りました、嬉しいです
ここは初めて人をKILLしたので、聖地と呼びたい
今夜はー♪生存者だった人たちのー♪煮込みー♪
シロちょっと殺人鬼の才能あるかも
死の恐怖を感じて、生きてる・・私生きてるよ!
シロと話すより大事な仕事ってなに…
シロ組さんでボウリングしよw
あ、みんな整列してる。順番に殴るね

こんな感じで、シロちゃんのサイコパスな一面がちょくちょくと浮き出て私たちに衝撃と笑撃をもたらします。

スポンサーリンク


電脳少女シロのモデルは?

シロちゃんのモデルが誰なのか、これについてはサクッと進めましょう。


シロちゃんには明確なモデルが存在しています。

シロちゃんを作った株式会社アップランドが配信しようとしたアプリゲーム『少女兵器大戦』、に登場するメインキャラクターである、‟シロ‟がモデルの対象です。

見た目はほとんどそのままですし、おそらく企画倒れとなったのであろうゲームのキャラをモデルに……というか転用して制作したのでしょうか?

シロちゃんが‟戦闘AI‟と呼ばれるのも、元は少女型兵器だったのが原因となっているのでしょう。

スポンサーリンク


電脳少女シロのイラストレーターは?

最後にシロちゃんのイラストレーターに関してですが。

モデルでも上げた『少女兵器大戦』でのイラストレーターですが……公式サイトを見ても書いていません

検索もしましたが、特定もされていないようです。


ではシロちゃんの方はどうなのかと言いますと、シロちゃんのイラストレーターも確認されてません

3Dモデルの作成者も不明で……これについては会社が作ってるのでしょうか?それも不明のままです

YouTubeチャンネルのサムネとアイコンは3Dモデルですし、Twitterのアイコンは支援絵を使っているだけです。


ということで、ここでいったん話を戻し、シロちゃんのサイコパスな一面が描かれたイラストがあるので見てみましょう。







こちらのシロ組所属のイラストレーターさんのイラスト。

見事に動画内のシロちゃんを忠実に描いてらっしゃる、まさに『こいつぁすげーや!』ですね。

スポンサーリンク


まとめ

やばくて危険なサイコパス発言の多い、白いのに黒くてブラックな部分のあるシロちゃん。

しかし、逆にそれがバーチャルYouTuberブームとともに一気に人気が燃え上がり、今なお注目される四天王の一人として君臨しています


戦闘用AIシロイルカ‟や‟クレイジーサイコパス戦闘用AIシロイルカ‟などと物騒な異名でも呼ばれていますが、演技力や多くの声質を使いこなすシロちゃんへの期待も込められて付けられたはずです。

結局イラストレーターは不明のまま3Dモデルのモデリング担当も同様に不明と……いつか判明する時が来るでしょうか。


とはいうものの、これからもシロちゃんには自分らしさを貫いて、自由で爽快にサイコパスってほしいですね。

ってなわけで、シロちゃんの魅力が伝わったところで今回の記事はここまでです。


最後まで読んでくださった方は、シロちゃんのYouTubeチャンネルの登録がまだならポチってシロ組に入りましょう。

シロちゃんの動画はすべてを救済してくれるはず。

それではまたお会いしましょう、バイバーイ(ゝω・ )ノ゙

スポンサーリンク


はじめまして、当ブログ管理人のたなかっちと申します。

僕は19歳ですが、現在毎月80万円以上の収入を複数のブログで稼ぎながら自由に生活しています。

もしYouTuberのように会社や派遣、アルバイトとして雇われずに人生を楽しく生きていきたいという方は、ぜひこちらのページをご覧ください。

「打倒YouTuberの収入」がしたい方はこちら

僕がなぜ、毎日休日のような日々を送りながら生活できているのか、その理由も詳しくお伝えしています。