【期間限定公開中】
19歳の当ブログ管理人がブログに記事を投稿するだけで月収80万円以上安定して稼いでいる方法を大暴露
証拠画像・動画あり

はいどーも(*´∇`)ブームと共バーチャルYoutuberにドハマりしてしまった私が、

今回はその中でもトップの人気を誇るバーチャルYoutuber(以下Vtuber)界の親分、キズナアイさんの記事を書いていこうと思います。


さて、キズナアイさんといえば・・・・・可愛い。

具体的に何処がと言われるとありすぎて逆に困りますが、もう可愛いとしか言えないほどの可愛さ、何から何まで可愛い可愛いの塊である超可愛いキズナアイさん。


っとまあ散々可愛いを連呼しましたがそんなキズナアイさんに、モデルとなった人物はいるのだろうか…?という疑問を抱いたわけなんですよ。

てなわけで、今回の記事はキズナアイさんのモデルが誰なのかを調べてまとめてみようと思います。


スポンサーリンク


キズナアイ〈プロフィール〉

名前:キズナアイ
誕生日:6月30日
身長:156cm
体重:46kg
B.W.H:85(Dカップ)・59・83
作者:森倉円(キャラクターデザイン)、トミタケ(3Dモデル)、Tda(モデリング監修)

2016年末から活動を開始した、世界初(自称)のバーチャルYoutuberであり、インテリジェントなスーパーAI(と名乗ってるけど中身は意外とポンコツ)。

音声合成ソフトに頼らない、人間の声で流暢に喋っていて、真っ白なバーチャル空間でヌルヌル動き、様々な動画を投稿しており、一つ一つネタが面白くて、キャラの種類も豊富なVtuber界の王道アイドル的存在

そんなキズナアイさんのデザインを見ていきます、それではさっそくいってみよー!<(^o^)/

スポンサーリンク


キズナアイのかわいいデザインをチェック!

キャラクターデザインを手掛けたのが森倉円さん、pixivやTwitterで活躍するイラストレーターで、いくつもの神絵を生み出す超有名な神絵師です。

森倉さんの描く女の子はどれも魅力的でめちゃくちゃかわいいという、アイさんが可愛いのも当たり前か~って思っちゃいますねぇ(*´∨`*)


さて外見を見ていきますと…まず注目するのは頭に着けているハート形のリボンが付いたカチューシャ、動くたびにぴょこぴょこ揺れて可愛いらしいです(*´꒳`*)

さらさらなロングの髪には所々にピンクのメッシュが入っていて、瞳は大きくりくりく(*^-^*)

二次元だからこそ実現できる理想的なスタイル、二次元好きにはたまらないであろう可愛いをこれでもかと搭載したような女の子って感じですね。

スポンサーリンク


キズナアイに似てるモデルとなったキャラは?

ここでようやく本題に入りますね。

誰に似ているかまず私個人の考察ですと……近未来的な服装から、なんとなくボーカロイドを連想します。

特に頭のぴょこぴょこは鏡音リンちゃんのリボンに似てる気がしますしね。

まぁ、そう思うのは3DモデルがTda式ミクと同じだからかもしれませんが。

っで、自分の解釈だけでは正解なんてわかりませんし、ネットサーフィンしてアイさんのモデルになったと思われるキャラを調べてみました。

結果…………見つかりませんでしたぁ~‼

いやもうホントに色々調べたんですよ、いろんなサイトに訪問してサーチしました、したんです。

しかし……誰もアイさんのモデルについての記事を書いてませんでした。

モデルはモデルでも‟3Dモデル‟のことだけでしたし、声を当ててる声優さんの予想とかばがりでしたし…。

えー…こうなると………。

スポンサーリンク


まとめ

キズナアイは誰をモデルにして生まれたか、という疑問を元に調べましたが、モデルとなった存在の情報がない以上、アイさんは完全オリジナルキャラクターということになるということでしょうか?

……まあこの結果でですね、私はアイさんが誰もモデルにしていないオンリーワンで完全なるオリジナルの存在であるということを確信しました。


もしかしたらキャラデザ担当の森倉さんにとってはモデルとなったキャラがいるかもしれませんし、本当に完全オリジナルで描いたのかもしれません、それは描いた本人のみぞ知るということでしょう。

というわけで今回の記事はここまで!

最後まで見てくださりありがとうございました^^

またお会いしましょう( ´ ▽ ` )ノ

はじめまして、当ブログ管理人のたなかっちと申します。

僕は19歳ですが、現在毎月80万円以上の収入を複数のブログで稼ぎながら自由に生活しています。

もしYouTuberのように会社や派遣、アルバイトとして雇われずに人生を楽しく生きていきたいという方は、ぜひこちらのページをご覧ください。

「打倒YouTuberの収入」がしたい方はこちら

僕がなぜ、毎日休日のような日々を送りながら生活できているのか、その理由も詳しくお伝えしています。