2人組YouTuberとして知られる「水溜りボンド」ですが、実は元々漫才コンビとして結成されたんですよね。

「キングオブコント2014」にも出演、さらに準々決勝まで果たしたという、輝かしい実績もお持ちなんです!


今回は、そんな水溜りボンドのメンバー・トミーさんについてご紹介します。

本名身長年齢誕生日など、トミーさんのアレコレを探ってみました。


スポンサーリンク


水溜りボンドのトミーの本名は?

「トミー」というニックネームって、名字をもじって付けられることが多いですよね。

例えば「富田」とか「富岡」とか…


富が付く名前の方は、大体トミーというあだ名で呼ばれている気がします(笑)

となると、水溜りボンドのトミーさんの本名も、やはり「富」が付く名前なのでしょうか?


そこで早速調べてみると、水溜りボンドのトミーさんの本名は「富永知義」であることが判明しました!


やはりトミーさんもご多分に漏れず、「富」がつく名字でしたね。

まさしく案の定といった感じです(笑)


ちなみに水溜りボンドのトミーさんは、動画内で自ら本名を明かしています。

YouTuberの中には「やばい!うっかり本名流出しちゃったよ」という方も結構いらっしゃるかと思うのですが(笑)


トミーさんの場合はもう正々堂々、自己紹介として明かしちゃってるわけです!

でも本名を知りたがる方って結構多いですからね。


このような基本情報を自ら教えてくれるのは、ファンとしてなかなか嬉しいものと言えるのではないでしょうか?

水溜りボンドのトミーの身長は?

水溜りボンドのトミーさんの身長は172cmだそうです。

いわゆる「標準」の身長と言えますね。



しかしトミーさんの場合、身長は標準でも、体重のほうは標準よりオーバー気味!

身長172cm体重85kgという、「さすが水溜りボンドの大食い担当」と思わざるを得ないボディなんです。


さらに水溜りボンドのトミーさんは血圧も高く、なんと上178という凄まじい数値!

もはや身長と同じくらいの数字になっています(笑)


やはり脂っこいものをガッツリ食べる機会が多いからでしょうか?

ただ、水溜りボンドのトミーさんは、あまりプヨプヨ・タプタプといった雰囲気ではありません。


そのため数字的には確かに重めかもしれませんが、見た感じだけだとガッチリ体型っぽい印象です。


とはいえ、やはり血圧に関してはちょっと心配ですね。

今はまだお若いので大丈夫かもしれませんが…


これから年を重ねた時、血圧が原因で体調を崩す可能性もあるでしょう。

体調を崩したら当然動画投稿もできなくなりますから、健康には十分注意してほしいですね!

スポンサーリンク


水溜りボンドのトミーの年齢や誕生日は?

本名や身長がすんなり発覚した、水溜りボンドのトミーさん。

年齢や誕生日も調べればすぐに出てるのかな?と思い、調べてみると…


残念ながらコチラは出てきませんでした。というのは嘘です(笑)

もちろん年齢や誕生日もサクッとバッチリ判明しましたよ!


水溜りボンドのトミーさんの年齢は25歳、誕生日は1993年7月26日だそうです。

25歳というと、ちょうど20代ど真ん中の年齢ですね。


これまでも、そして現在も大活躍なトミーさんですが、恐らく20代後半、30代前半…と年を重ねた時にも、今と変わらないアツい支持を受けているのでしょう。


いや、むしろ活動歴が長くなる分、今よりもっとたくさんの支持を受けるかも?

今後の活躍も非常に楽しみですね!

まとめ

案の定、本名は「富」が付く名前だった水溜りボンドのトミーさん!

しかし身長と血圧の数値が同じくらいってのはちょっと心配ですね。


大食い&早食い続けちゃって大丈夫なの!?とハラハラします(笑)

ただ、なにしろトミーさんは「大食い担当」ですからね。


ファンとしては「トミーさんならではの持ち味を失ってほしくない!」「これからもどんどん美味しそうに食べてほしい!」とも思うでしょう。


心配する心と期待する心…両方が入り混じるファンの心はなんともフクザツです(笑)

ただ、今の時点では特に何の不調もなく元気に活動されていますからね。


身体を壊さない程度に、トミーさんならではの勢いを保っていただきたいところです!

スポンサーリンク


はじめまして、当ブログ管理人のたなかっちと申します。

僕は19歳ですが、現在毎月80万円以上の収入を複数のブログで稼ぎながら自由に生活しています。

もしYouTuberのように会社や派遣、アルバイトとして雇われずに人生を楽しく生きていきたいという方は、ぜひこちらのページをご覧ください。

「打倒YouTuberの収入」がしたい方はこちら

僕がなぜ、毎日休日のような日々を送りながら生活できているのか、その理由も詳しくお伝えしています。