【期間限定公開中】
19歳の当ブログ管理人がブログに記事を投稿するだけで月収80万円以上安定して稼いでいる方法を大暴露
証拠画像・動画あり

今最も勢いがあるグループYouTuberといえば、東海オンエアですよね!

最近ではメンバーの1人であるしばゆーさんが脱退するのではないかという疑惑が持ち上がり、一時はどうなるのかと心配していましたが、無事残留することが決まり、本当に良かったなと思います(^^


そんな何かと今話題になっている東海オンエアですが、皆さんメンバーの1人でもある、ゆめまるさんのことよく知っていますか?

何かと謎に包まれているゆめまるさんのことを今回は詳しく調べてみました。


特に気になる「出身高校や大学はどこなのか」、「他のメンバーの出身高校や大学」もどこなのかを調べてお伝えしたいと思います。


スポンサーリンク


ゆめまるの出身高校はどこ?

あまり東海オンエアの動画に出ていない印象があって、謎に包まれているゆめまるさんですが、出身高校はどこなのでしょうか?


ネットで調べてみたところ、愛知県にある「岡崎城西高校」ということが分かりました。

東海オンエアのレアキャラ(!?)として有名なゆめまるさんですが、高校時代は頭がよかったのでしょうか?

岡崎城西高校」の偏差値について調べてみると、

Z科65
Y科58
X科48

となっていて、一番低い科だったとしても偏差値は48ということになり、特別頭が悪いということはないようです。

もし、Z科だったとしたら、偏差値65ということでかなり頭がよかったということになりますよね。


愛知県の中でも偏差値は475校中27位という順位のようです。

ほんわかしているゆめまるさんですから、一つ言えることは高校時代はヤンキーではなかったでしょうね(笑)

スポンサーリンク


ゆめまるの出身大学はどこ?

ゆめまるさんの高校は「岡崎城西高校」ということは分かりましたが、大学はどこに進んだのでしょうか?


調べてみたところ、愛知県内の大学に進んだことは分かりましたが、どこの大学に行ったのかまでは分かりませんでした。

ただ2014年9月の時点で、ゆめまるさんが大学3年生になり、2016年3月大学を無事卒業したことが分かっています。

大学卒業後に、愛知県内の専門学校に入学したことが分かっていますが、それがどこなのかまでは分かりませんでした…。


専門学校について分かったことしては、

2年制の専門学校であること
最終学年に実習のある学校であること

ということは分かりました。


これはネットの憶測になりますが、ゆめまるさんは福祉系の専門学校に通ってる可能性が高いと言われています。

2018年3月時点の今は、おそらく無事に卒業できたのではないでしょうか?

無事卒業できたのだとしたら、今後はもっと動画の方にも出演してほしいですね(^^)/

スポンサーリンク


他のメンバーの出身高校、大学はどこ?

ゆめまるさんの出身高校と大学のお話をしましたが、他のメンバーの高校や大学はどこなのか気になったので、これも調べてみました。


高校は虫眼鏡さん以外は皆さんゆめまるさんと同じ、「岡崎城西高校」ということがわかりました。

虫眼鏡さんの通っていた高校は調べても分かりませんでしたが、他のメンバーは皆さん、同じ高校の同級生だったんですね(^^)/

あんなに仲がいいのにも納得です!


そして大学ですが、皆さん愛知県内の大学に通っていたことは分かりましたが、どこの大学に行ったのかまでは分かりませんでした…。

一部の情報によると皆さん「名城大学」という大学に通っていたという情報がありますが、これも本当かどうかは分かりません(._.)


虫眼鏡さんは理系の大学に通っていたことが分かっていますが、それ以上は分かりませんでした…。

しかし、虫眼鏡さんはインテリキャラということもあって、相当頭が良い大学に行ったのではないかなと思われます。

スポンサーリンク


まとめ

今回は東海オンエアのゆめまるさんの出身高校や大学、他のメンバーの出身高校や大学について調べて分かったことをまとめてみました。

あの6人であってこそ仲が良い「東海オンエア」というグループがつくれたと思うので、これからも6人力を合わせて、YouTube活動に専念していってほしいです。

今後の活躍ぶりにも目が離せない、東海オンエアの動画を皆さんもチェックしてみて下さい!

スポンサーリンク


はじめまして、当ブログ管理人のたなかっちと申します。

僕は19歳ですが、現在毎月80万円以上の収入を複数のブログで稼ぎながら自由に生活しています。

もしYouTuberのように会社や派遣、アルバイトとして雇われずに人生を楽しく生きていきたいという方は、ぜひこちらのページをご覧ください。

「打倒YouTuberの収入」がしたい方はこちら

僕がなぜ、毎日休日のような日々を送りながら生活できているのか、その理由も詳しくお伝えしています。