【期間限定公開中】
19歳の当ブログ管理人がブログに記事を投稿するだけで月収80万円以上安定して稼いでいる方法を大暴露
証拠画像・動画あり

こんにちは!記事を読んでくださり!感謝です‼

今回のテーマはですね、YouTuberの桐崎栄二さんの妹について書いていきたいと思います。


でも私、桐崎栄二さんは知らな……くはなかったです!

前にフィッシャーズとのコラボ動画観てました!

超笑ってました!


ってなわけで今回は、桐崎栄二さんの妹のことで話題になっている太ももが太いのか」、「パンパンなのか」を調べてまとめていきたいと思いまーす!

…………はいじゃあいってみよぉー!(今回のテーマ結構マニアックすぎる…^^:)。


スポンサーリンク


桐崎栄二 プロフィール

ではまず、私が桐崎栄二さんを詳しく知らないので軽くおさらいしてから、妹の太ももが太くてパンパンなのかの本題に入ろうと思います。

名前:桐崎栄二(きりざき えいじ)
本名:高畠崚(たかばたけ りょう)
誕生日:1998年9月14日
年齢:19歳
身長:182cm
出身:石川県
所属事務所:UUUM
キャッチコピー:インパクト絶大!


一時期YouTube界では伝説の高校生YouTuberとして有名だったらしい桐崎栄二さん。

日常の出来事を桐崎栄二の世界観で刺激的に、面白おかしく表現した動画で人気を博す、チャンネル登録者数200万人を突破するなど勢いは留まることを知らない。


中学3年生の時からYouTuberとして活動していて、しかし高校生の間に何かと問題を起こしてガチでリアルに危機的状況に陥ったり大変な事態を起こしたりと波乱万丈なYouTube人生を送ってるようですね知らんかったとです……。

さて、簡単に栄二さんの紹介ができたところで、その太ももが太くてパンパンなのかという疑問のターゲットである妹さんに注目していきます!

スポンサーリンク


桐崎栄二と妹の関係や年齢差は?

栄二さんの動画には頻繁に登場している妹さん。

栄二さんとは2歳差の兄妹で、現在は高校生として学校生活を送っているようです。


顔はモザイクやマスクなどで隠されていますが、可愛い美少女の部類に入ってもいいのではないかという程、顔立ちが整っていて声も可愛いらしいことはわかりますね。

栄二さんの動画では家族と絡んだものが多く、特に妹さんに対しての溺愛レベルはホントに高く、その絡み具合は最早、イチャついてるバカップルの如く…。


……まあ大半うっとうしそうにしていますがなんだかんだで動画に出てくれるところを見ると心底毛嫌いしているというわけじゃないですよね、テンションも高いですし。


それにおこずかい貰ったり欲しい物買って貰ったりしてるようですし、あと人気YouTuberの力で妹の好きな有名人とTwitterのDMで会話させたり電話で話させたりした時は心底から感謝していたようですし。

【動画①】



【動画②】

こんな感じでですね、間違いなく素で喜んでますよね^^

スポンサーリンク


桐崎栄二妹の太ももは太くてパンパン?

そもそも今回のこの、妹さんの太ももが太くてパンパンというテーマなんですが、これは妹さんが動画内で制服や体操服などの太ももが見える衣装で出演することが多くてですね。

上の動画は太ももパンパンには関係ないです、ただ桐崎栄二妹が可愛いということを共感してほしいだけなのでした。



っで、その妹さんの太ももなんですが、そこに魅入る視聴者が多いらしくて話題になってたらしいです。

妹さんはバレーボールをやってるだけあって太ももが引き締まってて、パンパンっていうのはつまり……運動で鍛えているから引き締まっていて、良い肉体美な太ももである……ということだと思います。

つまり、アスリート目線だと気になる人が多いってことのようです。

はい、終わり。

スポンサーリンク


まとめ

桐崎栄二さんの妹の太ももが太い?パンパン?というテーマでの進行でお送りしました今回の記事ですが、皆さんいかがだったでしょうか?

私ですか?私はですね…………太ももが太くパンパンなのって悪いことじゃないですよね?


つまりこれって妹さんの太ももが魅力的だから皆桐崎栄二の動画では妹さんの太くてパンパンな太ももに注目して観ようというわけですね、もうそういうことにしましょう!

はい、今回の記事はここまで、グッバーイ!(´ ω `)ノシ

スポンサーリンク


はじめまして、当ブログ管理人のたなかっちと申します。

僕は19歳ですが、現在毎月80万円以上の収入を複数のブログで稼ぎながら自由に生活しています。

もしYouTuberのように会社や派遣、アルバイトとして雇われずに人生を楽しく生きていきたいという方は、ぜひこちらのページをご覧ください。

「打倒YouTuberの収入」がしたい方はこちら

僕がなぜ、毎日休日のような日々を送りながら生活できているのか、その理由も詳しくお伝えしています。