【期間限定公開中】
19歳の当ブログ管理人がブログに記事を投稿するだけで月収80万円以上安定して稼いでいる方法を大暴露
証拠画像・動画あり

もはや日本でYouTuberという言葉を広げたと言っても過言ではないヒカキンさん

その人気は留まることはなく、現在でもファンを増やし続けているそうです。


そんなトップYouTuberであるヒカキンさんですが、やはり気になるのはお金ですよね。

そういえばヒカキンさんを含めてYouTuberの収入源ってどうなっているのか意外に知りません。


では、ヒカキンさんの収入源とはなんなのか? そして年収や月収がやばいという理由についても見てみましょう。


スポンサーリンク


ヒカキンの収入源は?

YouTuberという特殊な仕事をしているヒカキンさんですが、噂によるとかなりの金額を稼いでいるなんて耳にします。

子供がYouTuberに憧れるのはそのスター性もありますが、やはりお金なのかな~、なんて思ってしまいますね。


さて、そんなYouTuberであるヒカキンさんの収入源っていったいなんなのか? 

意外と知らない人もいるのかもしれません。


そこでネットなどにある情報を元にして、私なりにヒカキンさんの収入源というのを調べて見ました。

なので、正確な情報ではない可能性がありますので、あくまでも参考として見てくださいね^^

スポンサーリンク


動画からの広告収入

まずヒカキンさんの収入源なのが、動画の広告収入だと思います。

皆さんもYouTubeを見ていると、途中でCMや広告が入ることがありますよね? あれが広告収入です。


あの広告から何円入るのかは公開されていませんが、どうも噂によると1再生あたり0.1円だといわれています。

なので数千回程度では微々たる金額なのですが、ヒカキンさんのように視聴回数が100万回以上を叩き出すYouTuberとなればとんでもない金額になります。


例えばこの動画を例に見てみましょう。

上記の動画の再生数は約800万回ですので、先程の単価を当てはめるとこの動画だけでも80万円以上です。

スポンサーリンク


企業案件も収入源

次にYouTuberの収入源となるのが、企業案件というものがあります。

簡単にいえば「会社の商品などを動画で紹介してください」だと思ってもらえればOKです。

ヒカキンさんも様々な商品などを紹介していますが、中には企業案件で紹介している物もあることでしょう。


では、この企業案件はいくらぐらいの金額なのか?

案件を出している会社によって細かい部分は違うと思いますが、どうもチャンネル登録者数によって金額が決まるのだとか

一般的には「登録者数×1円」という噂がありますので、ヒカキンさんのチャンネル登録者数が約580万人ということは、1件あたり約580万円となります。

スポンサーリンク


その他の収入源もある?

YouTuberとして広告収入や企業案件が収入源となっているヒカキンさんですが、それ以外にも収入源というのがあるようです。

ヒカキンさんはYouTube以外にもテレビイベント雑誌のインタビューなど様々な仕事をしていますので、それらのギャラも収入源になることでしょう。

詳しい金額はわかりませんが、ヒカキンさんの知名度や影響力を考えるときっと数百万円以上なのは確実だと思います。


また、本を出版していますのでその印税などもあると思いますし、ヒカキンさんはUUUMの役員もしています。

YouTuberとしては動画広告収入企業案件からの収入

そして会社からの役員報酬テレビ出演などもヒカキンさんの収入源になっていることでしょう。

この時点でヒカキンさんの月収年収はどれぐらいやばいのかがわかりますが、そちらについても見てみましょう。

スポンサーリンク


ヒカキンの年収や月収がやばい?

先程も書いたようにヒカキンさんの収入源というのがある程度わかりましたので、そこから彼の年収や月収を考えると、かなりやばい金額になるようです。


まずは年収から見てみましょう。

主な収入源となるのが動画の広告収入と企業案件です。


ヒカキンさんは全てのチャンネルをあわせると月に40本ぐらい投稿しているそうで、その全ての動画の再生数が平均300万回と考えれば再生数は約1億2,000万回

噂されている再生数×0.1円に当てはめると、動画の収入だけで約1,200万円となります。


また、ここに企業案件を加えると月に一回の案件でも580万円

それが12ヶ月続くということで1,200万+580万×12約2億円


さらにイベントなどでの収入や役員報酬を加えると、きっとヒカキンさんの年収3~4億円程度になるのではないでしょうか。

ということは、年収3億だとすれば月収約2,500万円は稼いでいるということです。


ちなみにサラリーマンの平均年収が418万円だということを考えれば、ヒカキンさんがどれぐらいやばいのかがわかります。

このようにネットの情報からヒカキンさんの年収や月収を計算しましたが、サラリーマンの年収と比べればやばい数字だということがわかりました。


しかし、ヒカキンさんも決して楽をして稼いでいるわけではなく、動画の編集や企画、イベントへの出演などほとんどプライベートなどない状態です

それだけきちんと「仕事」をしているので、これだけの収入になっているのではないかと思います。

スポンサーリンク


まとめ

ヒカキンさんの収入源について、やはり動画の広告収入企業案件というのがメインになっているようです。

また、それ以外にも役員報酬印税イベント出演のギャラというのも収入源になっていました。


それだけの活動をしているからこそ、年収や月収がやばいくらいの金額になっていますが、それは決して楽をして稼いでいるわけではありません。

ヒカキンさんの「みんなを楽しませて笑顔にする」ためにプライベートなどを捨ててまで活動をした結果、それに見合った収入になっているのではないかと思います^^

スポンサーリンク


はじめまして、当ブログ管理人のたなかっちと申します。

僕は19歳ですが、現在毎月80万円以上の収入を複数のブログで稼ぎながら自由に生活しています。

もしYouTuberのように会社や派遣、アルバイトとして雇われずに人生を楽しく生きていきたいという方は、ぜひこちらのページをご覧ください。

「打倒YouTuberの収入」がしたい方はこちら

僕がなぜ、毎日休日のような日々を送りながら生活できているのか、その理由も詳しくお伝えしています。