【期間限定公開中】
19歳の当ブログ管理人がブログに記事を投稿するだけで月収80万円以上安定して稼いでいる方法を大暴露
証拠画像・動画あり

最近話題の2人組YouTuber、「スカイピース」。

女子中高生に大人気で、今やYouTube登録者数は140万人にも上っています。


動画の内容としては、「ネタ動画」や「検証系」が多く、また替え歌やオリジナル曲を歌った動画も定期的にYouTubeにアップしています。

今回はそんな大人気YouTuber・スカイピースのメンバー紹介と2人の軽いプロフィール紹介、

そして、本題である「スカイピースの別居の理由」、「またその原因が彼女なのか」、ということにも触れていこうと思います。


スポンサーリンク


「スカイピース」のメンバー紹介

スカイピースは「テオ」くんと「☆イニ☆(じん)」くんからなる、2人組YouTuberです。

VAZという事務所に所属していて、事務所の看板YouTuberとしても有名です。


2017年8月には「スカイピース」として、歌手デビューも果たしているという、マルチクリエーターです。

スポンサーリンク


「スカイピース」メンバー2人のプロフィール

■左がテオくん、右がじんくん

テオくん

テオくんは千葉県出身で、2人兄弟の弟で「A.T.E(エート)」という兄がいます。

YouTubeを始める前は、1人で「vine」というアプリに動画をアップしていました。


ニックネームは「テオくん」や「ておたむ」など。

馬顔がチャームポイントで、スカイピースの「ボケ」を担当しています。

☆イニ☆(じん)くん

☆イニ☆(じん)くんは、東京都出身で、本名が「藤枝仁」という名前らしいです。

☆イニ☆のイニと言う名前は、本名の「仁」からとって名付けたみたいです。


ニックネームは、「じんたん」、「じむじむ」、「うさぎ」など。

YouTubeを始める前は、ニコニコ動画にラップ動画をアップしていたそうです。


伊達メガネをかけているのがトレードマークで、スカイピースの「ツッコミ」担当になっています。

スポンサーリンク


スカイピースの別居の理由は彼女が原因?

元々仲の良い2人は、一緒に暮らしていて、毎日動画をYouTubeにアップしていました。

その中の良い2人のやり取りに、ほっこりする女の子たちがたくさんいたそうなんですが、2017年10月2日に「今までありがとうな」という動画をYouTubeにアップし、2人が別居することになった、という話を動画の中で2人がしていました。


なぜ別居に至ったかというと、理由としては、「現在のスカイハウス(2人が住んでいる家のこと)全体を撮影スタジオにして、撮影の幅を今後もっと広げていきたいから」といった理由から、2人は別居することになったらしいです。

テオくんはじんくんと別居することになり、寂しくて泣いてしまうというシーンがその動画の中でありましたが、個人的には「そんなに離れるのが嫌なら、また新居で一緒に住めばいいのでは…?」と思ってしまいました(‘;’)


別居の理由や原因としても、何だか腑に落ちないような…。

そんな中、別居の原因として、2人のどちららかに彼女ができたからではないか?、という疑惑が浮上しました。


これが本当だとしたらファンの皆さんに嘘をついていたことになり、テオくんの涙は一体何だったの…!?となるわけですが…。

実際のところどうなんでしょうか?

本当に別居の原因は彼女なんでしょうか?


気になったので調べてみましたが、実際のところ2人に彼女ができたという事実は確認できませんでした。

なのでネットに浮上した彼女疑惑はデマだったのではないかなと思います。


2人ともYouTuberになる前は彼女がいたらしいですが、現在はお別れし、お付き合いしている方もいないそうです。

もしかしたら、YouTuberになるケジメとして、彼女とお別れしたのかもしれませんね。

スポンサーリンク


まとめ

今回は、スカイピースのメンバーと2人のプロフィール、別居した理由の原因が彼女なのか、ということについて調べてまとめてみました。

女性ファンが多いスカイピースですから、女性スキャンダルだけには今後も気を付けて、毎日動画投稿頑張ってほしいです!

スポンサーリンク


はじめまして、当ブログ管理人のたなかっちと申します。

僕は19歳ですが、現在毎月80万円以上の収入を複数のブログで稼ぎながら自由に生活しています。

もしYouTuberのように会社や派遣、アルバイトとして雇われずに人生を楽しく生きていきたいという方は、ぜひこちらのページをご覧ください。

「打倒YouTuberの収入」がしたい方はこちら

僕がなぜ、毎日休日のような日々を送りながら生活できているのか、その理由も詳しくお伝えしています。