YouTuber

ヒカキンとはじめしゃちょーの年収比較!動画再生数・案件・別事業の収入で比較!

     

日本のトップYouTuberと言えば「ヒカキンさん」と「はじめしゃちょー」の2人が思い浮かびますよね。

そんなヒカキンさんとはじめしゃちょーは共にチャンネル登録者数が1,000万人を超えているのですが、果たして2人の年収はいくらなのでしょうか?

また、どちらの年収が高いのかも気になりますよね。

 
 
そこで今回は、ヒカキンさんとはじめしゃちょーの

  • 年収比較
  • 動画再生数の収入比較
  • 案件の収入比較
  • 別事業の収入比較

といった内容を調べてみました!

         

ヒカキンとはじめしゃちょーの年収比較!

YouTubeとして日本を代表するである2人。ヒカキンさんとはじめしゃちょー。

ヒカキンさんとはじめしゃちょーは同じYouTuberマネジメント事務所「UUUM」に所属しています。
 
 
YouTubeの広告収入などで二人ともかなりの年収を得ていそうですが、どちらがより多く年収を得ているのでしょうか。
 
 
結論から言いますと、

はじめしゃちょーの方が年収が多い

です。

一見、ヒカキンさんの方がYouTuberの象徴的な存在なので年収が多そうですが、比較してみるとはじめしゃちょーの方が年収が多かったです。

ちょっと意外ですよね。
 
 
気になるヒカキンさんとはじめしゃちょーの推定年収は、こちら。

●ヒカキンさん:年収10億円前後
●はじめしゃちょー:年収13億円前後

ヒカキンさんもはじめしゃちょーも年収が10億円台ですが、はじめしゃちょーの方が3億円上回っています。
 
 
しかしこれだけ年収があれば、3億円多いと言っても、もう十分な収入ですね。

驚きの金額です。
 
 
YouTubeの登録者数で比較すると、

  • ヒカキンさん:1090万人
  • はじめしゃちょー:1030万人

です。

登録者数はヒカキンさんの方が上回っていますが、年収ははじめしゃちょーの方が多いんですね。
 
 
またYouTubeを始めたのもヒカキンさんの方が早いので、この年収の違いはちょっと意外でした。

         

ヒカキンとはじめしゃちょーの動画再生数の収入比較

登録者数ではヒカキンさんの方が上回っていたYouTubeですが、動画再生数の広告料収入を比較すると、ヒカキンさんとはじめしゃちょーでどちらが収入があるのでしょうか。

ヒカキンさんとはじめしゃちょーの動画再生数の年間の収入比較がこちらです。

●ヒカキンさん
動画再生数の収入:約5億円

●はじめしゃちょー
動画再生数の収入:約1億5千万円

年収でははじめしゃちょーの方がヒカキンさんを上回っていましたが、動画再生数の収入ではヒカキンさんが上回っていますね。
 
 
やはりヒカキンさんは日本YouTuber界の原点のような方なので、動画再生数の収入ではヒカキンさんの方が上回っているんですね。

ちなみに2022年11月現在の総動画再生数の比較はこちらです。

  • ヒカキンさんの動画再生数:約177億回
  • はじめしゃちょーの動画再生数:約73億回

確かにはじめしゃちょーの73億回もすごいのですが、やはりヒカキンさんには総動画再生数では今のところかなわないようです。

         

ヒカキンとはじめしゃちょーの案件の収入比較

案件とは企業からの依頼で商品やサービスを紹介することです。

企業は人気のあるユーチューバーに自社の商品やサービスを宣伝してもらうことで、売り上げを伸ばすことができます。
 
 
この案件でのヒカキンさんとはじめしゃちょーの収入比較ですが、

●ヒカキンさん
案件収入:3億~8億円

●はじめしゃちょー
案件収入:1億5千万~2億5千万円

と推定されます。

この案件収入もかなりの大きな収入になっています。
 
 
例えばヒカキンさんなら

  • バンダイ
  • おやつカンパニー
  • ローソン
  • セガゲームズ
  • Nintendo

といった企業の案件をし、収入を得ています。
 
 
ヒカキンさんの動画を見ている方なら、こういった企業の案件を何回かは見たことがあるでしょう。
 
 
ちなみに案件の収入の相場は、平均の動画再生数や登録者数などから計算されます。

ヒカキンさんとはじめしゃちょーの比較で言えば、動画再生数も登録者数もヒカキンさんの方が上回っていますので、案件の単価はヒカキンさんの方が高いと推定されます。

         

ヒカキンとはじめしゃちょーの別事業の収入比較

ヒカキンさんとはじめしゃちょーの別事業での収入比較はこちらです。

●ヒカキンさん
別事業での収入:2億円前後

●はじめしゃちょー
別事業での収入:約11億円前後

はじめしゃちょーの方がヒカキンさんに比較して、かなり別事業での収入があります。
 
 
これはなぜかと言いますと、はじめしゃちょーはファンクラブからの収入が多いからです。

はじめしゃちょーは「はじメーノ」というファンクラブを運営しています。

ここからの収入が、年間で推定10億円あります。
 
 
はじめしゃちょーの年収が約13億円でしたので、ほとんどがファンクラブという別事業での収入だったんですね。

         

まとめ

以上今回は、ヒカキンさんとはじめしゃちょーの

  • 年収比較
  • 動画再生数の収入比較
  • 案件の収入比較
  • 別事業の収入比較

という点について調べてみました。
 
 
その結果、

年収比較

●ヒカキンさん:年収10億円前後
●はじめしゃちょー:年収13億円前後

動画再生数の収入比較

●ヒカキンさん
動画再生数の収入:約5億円

●はじめしゃちょー
動画再生数の収入:約1億5千万円

案件の収入比較

●ヒカキンさん
案件収入:3億~8億円

●はじめしゃちょー
案件収入:1億5千万~2億5千万円

別事業の収入比較

●ヒカキンさん
別事業での収入:2億円前後

●はじめしゃちょー
別事業での収入:約11億円前後

ということが分かりました!
 
 
「チャンネル登録者数」「動画再生数」「企業案件」全てヒカキンさんの方が上だったのですが、はじめしゃちょーの別事業「ファンクラブ10億円」がとても大きかったみたいですね。

しかし、お二人とも年収10億円ということで、お互いはもはや比較やどっちが稼いでいるかなど気にしないかと思います。(笑)

ヒカキンさんとはじめしゃちょーは日本YouTube界を引っ張るお二人だと思いますので、今後も応援し続けたいですね!