YouTuber

ヒカキンはなぜ人気?ブレイクのきっかけ・視聴者の年齢・アンチが少ない理由まとめ!

     

ヒカキンさんはチャンネル登録者数1,090万人を誇り、日本を代表する大人気YouTuberです。

しかし一体なぜ、ヒカキンさんはここまで人気になれたのでしょうか?

ブレイクのきっかけや理由が気になりますよね。

また、視聴者の年齢アンチが少ない理由も同じように気になる内容だと思います。
 
 
そこで今回は、ヒカキンさんについて、

  • なぜ人気なのか
  • ブレイクのきっかけ
  • 視聴者の年齢
  • アンチが少ない理由

といった内容を調査してみました!

         

ヒカキンはなぜ人気?


ヒカキンさんはなぜ人気なのかは、YouTubeチャンネルを見ている人それぞれが感じる様々な思いがあるのではないでしょうか。
 
 
そこで、ヒカキンさんが人気の主な理由をいくつか挙げてみましょう。

企画の面白さや編集技術に加えて、面白く伝えるトークの上手さ

子供にも安心して見せられる企画内容と言葉遣いのクリーンさ

変顔や笑顔などのリアクションも大きく多彩な表情、お茶目で子供受けが良い

家族みんなで楽しめてコミュニケーションのきっかけとしても最適

謙虚な姿勢と誠実な人柄の良さに加えて、芸能人など広い交友関係

信頼できるインフルエンサーとして高い好感度と認知度

以上、ヒカキンさんはなぜ人気なのか主な理由を挙げましたが、ヒューマンビートボックスのかっこよさネコ好きなところなど、他にもきっとたくさんあるでしょう。

         

ヒカキンのブレイクのきっかけは?


ヒカキンさんのブレイクのきっかけは、21歳の時でした。
 
 
小学生の頃からヒューマンビートボックスに興味を持ち、独学で磨いてきた技を、スーパーマーケットで働きながらYouTubeの動画投稿をしていました。
 
 
ライブなどで披露していたネタのスーパーマリオブラザーズのBGMシリーズを、友人たちの後押しがあって投稿することに。
 
 
2010年6月に投稿した「Super Mario Beatbox」が、日本国内だけでなく世界的な大反響になり、アメリカでニュースになるほどでした。
 
 
世界で人気のスーパーマリオとビートボックス技術が融合して、ヒカキンさんのブレイクのきっかけとなりました。
         

ヒカキンの視聴者の年齢は?


ヒカキンさんの視聴者の年齢に関して、ヒカキンさん本人が動画でコメントをしています。
 
 
2021年4月に投稿の動画で、Yahoo!知恵袋の質問にヒカキンさん本人が回答する企画内容です。
 
 
「子供が見ているのでしょうか」という質問に対して、
 
子供だけでなく、大人も結構見ていて、全世代において男女半々くらい見てもらえている」と回答しています。
 
 
ヒカキンさんの視聴者の年齢は子供や若い世代が多い傾向にあっても、大人も含めて幅広い世代で、男女を問わず支持を得ているのも人気が継続している秘訣でしょう。
 
 
若い頃から視聴していて親となった後、子供にヒカキンさんの動画を一緒に見ようと勧める人も増えているかもしれません。
         

ヒカキンにアンチが少ない理由は?


ヒカキンさんにアンチが少ない理由としては、人気の理由と重なる部分もありますが、人柄の良さが一番でしょう。
 
 
誠実な人間性が動画制作のベースにもなっています。

ヒカキンさんはパイオニア的な存在として、YouTuberの仕事を社会に受け入れられるために大きく貢献した功績もありますよね。
 
 
小池都知事との対談寄付などの慈善活動にも積極的で、社会に貢献する姿勢もすばらしく、尊敬の念を抱く人も増えています。
 
 
ヒカキンさんにアンチが少ない理由は、尊敬される人柄と行動でしょう。

         

まとめ

以上今回は、ヒカキンさんについて、

  • なぜ人気なのか
  • ブレイクのきっかけ
  • 視聴者の年齢
  • アンチが少ない理由

といった内容を調査してみました。
 
 
そして結果をまとめますと….
ヒカキンさんについて、

なぜ人気なのか

動画の面白さとクリーンさの安心感など

ブレイクのきっかけ

「Super Mario Beatbox」動画の投稿

視聴者の年齢

子供から大人まで幅広い世代が視聴

アンチが少ない理由

尊敬される人柄と行動

といったことが分かりました。
 
 
やはりトップを長年走り続けられるのには理由があるみたいですね。

しかし、表舞台に立っている人物なのにも関わらず、長い間大きな炎上やスキャンダルがないのは本当に凄いことだと感じました。

ヒカキンさんには、今後も子供たちや若いYouTuberに夢と希望を与えてくれる存在でいてほしいですよね!

最後までご覧いただきましてありがとうございました♪

           
その他の人気記事