YouTuber

ヒカキンとヒカルの年収はどちらが高い?動画再生数・案件・別事業の収入で比較!

     

ヒカキンさんとヒカルさんはどちらも日本を代表する有名なYouTuberです。

幅広い層から愛されているヒカキンさんと、イケメン&高身長で女性人気の高そうなヒカルさんですが、年収はどちらが高いのでしょうか?

ヒカキンさんはYouTube以外にテレビ出演やCM、一方のヒカルさんはYouTube以外に様々の事業展開など、方向性が違うように感じますよね。
 
 
そこで今回は、ヒカキンさんとヒカルさんの年収について、

  • 年収はどちらが高い?
  • 動画再生数を比較!
  • 案件・別事業の収入を比較!

今回はこのようなテーマで見ていきたいと思います!

         

ヒカキンとヒカルの年収はどちらが高い?

ヒカキンさんとヒカルさんの年収はどちらが高いか?

結論を先に言いますと、推定では

ヒカキンさん

です!

しかし、ヒカルさんもすごいことになってます。

そこで、

ヒカキンさんって、そんなに稼いでるの?
ヒカルさんの方が稼いでるんじゃないの?

そのように思う方もいらっしゃるかと思います。

そのため、ヒカキンさんとヒカルさんの年収の内訳けについては、次からのテーマで詳しく解説させていただいております。

         

ヒカキンとヒカルの動画再生数を比較!

では、まずヒカキンさんとヒカルさんの動画再生数を比較してみましょう。

●ヒカキンさん

【動画再生数】
およそ102億3269万4848回

【動画数】
3233本

 
 
●ヒカルさん

【動画再生数】
およそ43億9770万9860回

【動画数】
2153本

このような結果になっています。

動画再生数は圧倒的にヒカキンさんの方が多いですね!

ヒカルさんの2倍以上になっています。

動画数に関してもヒカキンさんはヒカルさんを上回っています。

この情報から考えると、YouTubeの広告収入に関してはヒカキンさんの方が稼いでいると言えますね!

         

ヒカキンとヒカルの案件・別事業の収入で比較!

それでは、ヒカキンさんとヒカルさんの案件・別事業の収入で比較していきましょう。

●ヒカキンさん

【企業案件】
およそ3億8千万円

【会社の役員報酬】
およそ1億5千万円

【書籍などの収入】
およそ320万円

【テレビ出演】
およそ400万円(100万円/本、4本/年間で試算)

【CM出演】
およそ1億円(1000万円/本、10本/年間で試算)

【グッズ販売】
およそ1000万円

 
 
●ヒカルさん

【脱毛サロン】
『ReJehanne by Hikaru』(年商およそ12億)

【ヘッドスパ】
『ReDoffy』

【アパレルブランド】
『ReZARD』(年商およそ25億)

【その他】
株式会社シュプラスの事業

ヒカキンさんは、メディアへの露出で収益を出しているのに対し、ヒカルさんは会社や店舗経営で収益を出している印象ですね。

YouTubeだけでみるとヒカキンさんの方が圧倒的に稼いでいるのですが、ヒカルさんは会社経営での収益もあるのでその点を加味すると、ヒカキンさんに追いつきそうな感じと言えます。

ヒカルさんは年商50億とも言われていますので、それだけでもすごいのですが、ヒカキンさんはYouTubeメインで活動していてそれだけで、ヒカルさんより稼いでいると言われているのでとんでもないですよね!

         

まとめ

それでは今回のまとめです。

ヒカキンさんとヒカルさんの年収について、

【年収比較】
年収が多いのはヒカキンさん

【動画再生数の比較】
ヒカキンさんの方が圧倒的に多い

【案件・別事業の収益を比較】
ヒカキンさんはメディアへの露出、ヒカルさんは会社経営で収益を出している印象がある

今回、YouTuberの収益っていうのは、YouTubeの広告収益だけに限らないことがわかりました。

そしていろんな選択肢があると思いますが、これからもYouTubeで楽しませてほしいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!