YouTuber

【フィッシャーズ】アスレチック鬼ごっこの場所はどこ?料金・アクセス方法・特徴まとめ!

     

Youtuber界を牽引している存在のフィッシャーズ。

そんなフィッシャーズの動画の中でも、アスレチック系動画が人気を集めていますよね!

どこのアスレチックを使用しているのだろう?と疑問に思う方も多いと思います。
 
 
そこで今回は、フィッシャーズが実際にアスレチック鬼ごっこで使用した施設の

  • 場所
  • 利用料金
  • アクセス方法
  • 特徴

について、徹底解説します!

         

【フィッシャーズ】アスレチック鬼ごっこで使用した施設の場所は?

早速フィッシャーズがアスレチック鬼ごっこで使用した施設をご紹介したいのですが、フィッシャーズが今までに公開したアスレチック鬼ごっこの動画は10本以上あります。

ですので、今回は2021年5月1日に公開されたアスレチック鬼ごっこで使用した施設についてご紹介します!

その動画が、こちらです。

この動画で使用している施設は埼玉県蕨市にある、ゲットエア東京です!

ゲットエア東京はトランポリンをメインとしたアミューズメント施設となっており、鬼ごっこをしているシーンでもトランポリンを使用している様子が写っていますよ♪

ゲットエア東京の公式サイトはこちらから

         

【フィッシャーズ】アスレチック鬼ごっこで使用した施設の利用料金

フィッシャーズがアスレチック鬼ごっこで使用した施設・ゲットエア東京の利用料金は以下の通りです。

ビッグエア
(身長120cm以上)
スモールエア
(身長120cm未満)
月曜日〜
木曜日

1時間
1,800円

2時間
2,800円

1時間
1,000円

2時間
1,700円

金曜日〜
日曜日

1時間
1,900円

2時間
2,900円

1時間
1,000円

2時間
1,700円

利用者の身長、また利用日によって料金が変動するようでした。

ただし、スモールエア(身長120cm未満)は利用日による料金変更はありませんでした。

         

【フィッシャーズ】アスレチック鬼ごっこで使用した施設へのアクセス方法

ゲットエア東京の最寄駅は以下の通りです。

埼京線 戸田駅(徒歩13分)
京浜東北線 蕨駅 (徒歩14分)

埼京線を利用していく場合は渋谷から約30分、京浜東北線を利用していく場合は東京駅から約30分ほどの距離となっています。

都心からのアクセスもかなり良いですね!

また無料駐車場が6台分用意されています。

しかし人気施設のため、休日の利用は駐車場が埋まってしまっている可能性が高いです。

利用の際は、できるだけ公共交通機関を使用しましょう!

         

【フィッシャーズ】アスレチック鬼ごっこで使用した施設の特徴

前述したように、ビッグエア東京はランポリンをメインとしたアミューズメント施設です。

施設内は「全面トランポリンエリア」「キッズ専用エリア」「ボルダリングエリア」「スラックラインエリア」「アスレチックエリア」など細かく分かれているのが特徴です。

トランポリンを利用して、日常ではなかなか出来ないダンクシュートを決めたりフォームピットで技の練習をすることも可能なんですよ!

忍者コースというユニークなエリアもあり、一緒に遊びに行った友人と競い合うのも人気のようです♪

         

まとめ

以上、今回はフィッシャーズが実際にアスレチック鬼ごっこで使用した施設の

  • 場所
  • 利用料金
  • アクセス方法
  • 特徴

について、徹底解説しました。

結果的に、【フィッシャーズ】アスレチック鬼ごっこで使用した施設の、

場所

ゲットエア東京

利用料金

1,000円〜2,900円

アクセス方法

埼京線 戸田駅(徒歩13分)

または

京浜東北線 蕨駅 (徒歩14分)

特徴

トランポリンをメインとしたアミューズメント施設で、全面トランポリンエリア、キッズ専用エリア、ボルダリングエリア、スラックラインエリア、アスレチックエリアなど細かく分かれている

フィッシャーズが行っているアスレチック鬼ごっこを見ていると、こちらも体を思い切り動かしてみたくなりますよね!

最近はなかなか身体を動かせていないという大人も、まだまだ動き足りないというちびっ子も、是非一度ゲットエア東京に足を運んでみてくださいね♪